正社員転職サイト.com

20代女性の転職活動なら

最近よく目にするのが、既卒と第二新卒の文字です。既卒とは大学を卒業したものの、就職が決まらずに正規雇用に就いていない若者を指します。一方の第二新卒とは新卒から入社して、3年以内に退職する若者を指します。どちらの言葉も日本独自の呼び方で、外国の人に説明してもよく理解できなようです。

既卒者の場合はアルバイトなどで生計を立てるフリーターになったり、引きこもりになってニート化したり社会問題にもなっています。一方の第二新卒の場合は企業のなかには、積極的に第二新卒を採用するところも出ています。これは第二新卒の場合は、新卒のように一から教育する必要がないためです。

そのため新卒を採用する体力と余裕がない企業が、社会人として最低限のマナーと常識を身に付けた第二新卒に目をつけたわけです。大学を卒業して3年以内に会社を辞める、若者の数は3割にも上ると言われています。第二新卒が増えた背景には、日本の就活にあるようです。

大学生が売り手市場だった時代は過ぎ、ここ近年は就職氷河期とも呼ばれる就職難が続いています。そのためほとんどの大学生が3年生になると就活を始めますが、何十社にも書類を送りそれでも内定を貰えない学生がいます。

そのため学生側にも焦りがだんだんと出始め、自分が希望する本命の企業だけでなくそれこそ片っ端に応募します。そしてやっと内定を貰えた企業は、そのときには救いの神に思えます。そんな救いの神に思えた会社も入社して時間が経つと、だんだん自分の本当の居場所とは感じられなくなってきます。

これが多くの第二新卒を、生んでいる日本の現状です。そんな第二新卒者を積極的に採用している企業も、ひとつの懸念があります。それは採用してもまた、直ぐに辞めないかということです。第二新卒者を採用する企業側も、第二新卒者にこれまでの仕事の実績とかスキルなどは期待していません。

新卒の場合は使えるようになるまでは、最低でも3年は掛かると言われています。それまでは採用する企業側も、先行投資と思って育てていきます。その分の時間と費用が掛からない、お得な人材程度にしか考えていません。しかしその一方では短期間で会社を辞めているわけですから、辛抱が足りないのではという不安や不信感も人事担当者の心のどこかにあります。

そんな第二新卒が転職するには仕事に対する情熱や熱意を、求人側の人事担当者に伝えないといけません。書類の書き方ひとつをとっても、新卒の時とは異なります。人事担当者が抱いている不安や不信感を、取り除く必要があるからです。

そんな場合に大きな味方になってくれるのが、転職支援エージェントです。転職支援エ20代女性の転職活動ならージェントでは第二新卒者に対して、さまざまな転職に関する情報とアドバイスをしてくれます。


>> トップページで正社員の転職に強いエージェントランキングを見てみる! <<

TOP

各エージェントの概要

各エージェントの評判

業界別の求人情報

職種別の求人情報

希望条件別の求人情報

性別・年代別のポイント

年収にこだわる

このサイトについて


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2014 正社員転職サイト.com All Rights Reserved.