正社員転職サイト.com

20代男性の転職活動なら

20代は男女ともに転職率が、高いとも言われています。そのために20代で2〜3回、転職を繰り返す若者も少なくありません。その背景にはいったい、なにがあるのでしょうか。大学を卒業した新卒者の3割以上が、入社して3年以内に退職します。

看護学校を卒業して憧れの白衣の天使になった新人看護師も、入職してから1年目におよそ1割強が離職します。その理由は、「理想と現実のギャップ」です。自分で思い描いていた看護師の仕事と、現実の看護師の仕事があまりにもかけ離れていたからです。

第二新卒と呼ばれる若者たちも、1年目に離職する新人看護師たちと同じ理由なのでしょうか。第二新卒の場合は新人看護師が離職するのとは少し違い、これまでとは異なった業界や職種へ転職します。離職した看護師のほとんどが同じ看護師の仕事に転職するのに対して、第二新卒の場合はどちらかと言えば違った業界や職種を探します。

これは第二新卒者の多くが自分が本当にしたいと思う、仕事に就いていないと考えているからです。もちろんなかには給与や待遇面で不満を持っている若者もいるとは思いますが、多くの第二新卒者は自分の天職を探しています。結婚している第二新卒者もいるかもしれませんが、ほとんどがまだ独身者のはずです。そのため家族を扶養したりする必要もなく、給与や人間関係などが原因で転職を考えているわけではありません。

そんな第二新卒者を積極的に採用する、企業や会社も最近では増えてきました。第二新卒者の場合は新卒とは違って、ある程度の訓練が施されています。そのため改めて新人教育を、行う必要がないためです。求人側の企業や会社も第二新卒者に対しては、仕事の実績や経験を求めてはいません。

しかし同じ20代の男性でも扶養すべき家族がいるとなると、転職の理由も給与などの待遇面での不満が多くなってきます。30歳を過ぎてからの転職はだんだんと難しくなるので、転職するのであれば20代でと考える男性が増えています。

30歳を過ぎた男性の転職の場合は、求人側の企業や会社から求められるものも高くなります。また40代や50代では職能だけでなく管理能力も求められるのに対して、20代であればやる気と意欲があれば給与アップも夢ではありません。

ただその場合には、いくつか注意する点があります。まず第二新卒者のようにこれまでとは異なった業界や、職種へ転職しないことです。業界はまだしも異なった職種へ転職すると新人と同じ扱いを受け、給与も新人とほとんど変わりません。

また転職する前に自己分析を、十分に行うことです。これは意外と多くの人が、自分の価値を分かっていないからです。自分でも気付かない長所や価値があれば、それを最大限にアピールすべきです。そのためには転職サイトや転職支援エージェントを、上手に活用することが大事です。


>> トップページで正社員の転職に強いエージェントランキングを見てみる! <<

TOP

各エージェントの概要

各エージェントの評判

業界別の求人情報

職種別の求人情報

希望条件別の求人情報

性別・年代別のポイント

年収にこだわる

このサイトについて


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2014 正社員転職サイト.com All Rights Reserved.