正社員転職サイト.com

40代女性の転職活動なら

40代男性の転職は20代や、30代の男性の転職とはまったく異なります。つまり40代での転職は勝ち組になるか、負け組になるかの勝負の分かれ目がはっきりしています。20代や30代の男性が自分の意思で転職するのとは異なり、40代男性の転職は会社の倒産やリストラによる転職が多いからです。

20代男性であればまだ自分が、何をやっていいのかよく分かりません。そのためそれを求めて転職することもあり、また20代男性のような若者にはやる気と意欲さえあれば需要もあります。30代男性の転職も自分の専門を極めるとか、給料をアップさせるなどはっきりした目的があります。

それに対して会社の倒産やリストラなどで転職を余儀なくされたケースが多い、40代男性の転職事情は20代や30代の男性とは大きく異なってきます。ここ近年は40代や50代の、中高年の方の転職が急増しています。その背景には円高や長引く不景気の影響で、経営が悪化する会社や企業が後を絶たないからです。

これまでは会社の倒産などは中小企業だけが、資金繰りや放漫敬遠などで起きるものと思われいました。しかし世界経済と大きく連動している日本の経済も、会社の倒産は中小企業だけの問題ではなくなってきました。舵取りを間違うと上場している大会社でも経営が悪化したり、倒産することは日本の大手家電メーカーが証明しています。

ではなぜ40代での転職は勝ち組になるか、負け組になるかはっきりしているのでしょうか。それは日本の雇用が今だ、年功序列の雇用スタイルを取っているからです。一度会社に入社すれば春闘があり組合が、会社と交渉して少しでも年収を上げようと戦います。

たとえ春闘や組合がない会社でも、長年勤めると年々少しずつでも給料はアップします。しかしそんな中高年の方が会社を辞めて転職すると、市場原理という厳しい現実が待っています。力仕事であれば体力的に劣る中高年の方よりも、体力的に勝る20代や30代の男性を雇います。

また40代の方のこれまでの実績やスキルと支払う給料を考えた時に、そのバランスが見合っていないのです。たとえ30代の男性と同じだけの実績やスキルと給料であっても、会社は当然ですが30代の男性を採用します。それは30代の男性と同じ職能力であれば、30代の男性の方がのびしろがあるからです。

会社が40代の方を採用するのは、それだけの価値があると判断したばあいのみです。では40代の方の価値とは、いったいどんなものでしょうか?それは管理職としての高い能力です。40代の方であれば課長職やなかには部長職の方もいると思いますが、それは残念ながら前職の話です。

会社は前職での役職などには、まったく興味を持っていません。求人側の会社や企業が興味を持っているのは、管理職としてどれだけの能力があるかです。20代の男性のように、時間を掛けて育てる気もありません。また30代の男性であれば担当する仕事を、ちゃんとやってくれればそれでいいのです。

しかし40代の方の場合は、そうはいきません。自分の仕事をこなすのは当然ですが、それだけでは社内のバランスが取れません。会社として採用したのであれば社員がその仕事を認め、なおかつ人間として魅力がないと全員が納得しません。

40代男性が転職するのであれば、転職サイトや転職支援エージェントには多くの求人案件があります。ただ求めらるものも、高いことを忘れてはいけません。


>> トップページで正社員の転職に強いエージェントランキングを見てみる! <<

TOP

各エージェントの概要

各エージェントの評判

業界別の求人情報

職種別の求人情報

希望条件別の求人情報

性別・年代別のポイント

年収にこだわる

このサイトについて


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2014 正社員転職サイト.com All Rights Reserved.