正社員転職サイト.com

アパレル会社へ転職をお考えの方

アパレル会社と一口にいっても、レディーからメンズまでたくさんの会社があります。たとえばデザイナーとしてアパレル会社で活躍している人もエレガンスなものをデザインしている場合と、カジュアルなものをデザインしている場合とあります。パタンナーも同様でレディスパタンナーとメンズパタンナーでは、同じパタンナーで仕事に内容はぜんぜん違ってきます。

さらにアパレル会社で働いているのはデザイナーやパタンナーだけではなく、ニットカットやカットソーなどの生産管理を行う人もいます。最近ではアパレル会社の生産工場も国内から、タイ・中国・カンボジア・ベトナムなどの海外へ拠点をうしているところも少なくありません。

またセレクトショップを展開しているアパレル会社も多く、自社の商品の買い付けのために海外を飛び回っている人もいます。さらに仕入れた商品のデータベースの構築を行ったり、ショップ展開のために日本中を駆け回っている人もいます。もちろん自社で企画して作ったり買い付けたりした商品を卸したりするための営業や、ショップで商品を販売する販売スタッフやショップの責任者である店長の存在も欠かせません。

そんなアパレル会社へ正社員としての転職をお考えの方にとっては、アパレル業界の現状や動向は気になるものです。経済産業省が発表している商業販売統計でみると、デパートや百貨店など大型小売店を中心に展開しているアパレル会社は、1998年から衣料品の売り上げが減少していてどこも苦戦しています。

アパレル業界全体が苦戦を強いられている背景には、まず第一には長引く不景気による個人消費の低迷が挙げられます。さらにデパートや百貨店などの大型小売店の集客力の低下も大きく、多くのデパートや百貨店では売り上げが前年対比で前年割れを続けてきました。

しかしそんななかでもSHIBUYA109などのマルキューファッションと呼ばれるお兄系や渋谷系の最新ファッションが流行したり、ファーストリテイリングが国内だけでなく海外でも展開するユニクロの急成長には目覚しいものがあります。

デパートや百貨店などで店舗を展開しているアパレル会社では苦戦を強いられていますが、SHIBUYA109などのレディスヤングブランドなどやユニクロなどの低価格路線のアパレル会社では業績も好調で積極的に求人も行っています。

アパレル会社が求めている人材とはアパレル業界でのスキルや経験もですが、それ以上にものづくりに対する情熱や会社を引っ張っていくエネルギーを持っている人です。そんな方であればたとえアパレル業界が未経験でも、転職することは可能だと思います。


>> トップページで正社員の転職に強いエージェントランキングを見てみる! <<

TOP

各エージェントの概要

各エージェントの評判

業界別の求人情報

職種別の求人情報

希望条件別の求人情報

性別・年代別のポイント

年収にこだわる

このサイトについて


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2014 正社員転職サイト.com All Rights Reserved.