正社員転職サイト.com

造園会社へ転職をお考えの方

造園会社の仕事ですが昔は個人の家の庭木の植栽や整枝せん定や、竹垣や庭石など日本庭園の仕事がほとんどでした。しかし最近ではこのような日本庭園の仕事は少なくなり、公共工事を中心に仕事を行っている造園会社が増えています。

住友林業緑化株式会社や西武造園株式会社のような大手の造園会社は一部で、造園会社の多くが中小規模の造園会社です。大手の造園会社では造園や緑化の設計から施工・管理までを行っていて、一般の個人向けの造園の他にも最近では会社や企業の緑化やガーデニングなども行っています。

造園会社では造園だけでなく緑化に関するコンサルタント業務や、造園や緑化などの資材販売なども行っています。さらに市町村からの依頼で公園の管理運営を行っていたり、民間会社が運営するゴルフ場の緑化や管理なども行っています。

もともと造園業は建設会社が事業の一環として個人宅の日本庭園を作ったり、公共事業での植木などを行ってきました。そのため明確な造園業は存在せずに、建設会社の土木工事の一部として造園業が存在していました。そのため今でも一部の大手の造園会社を省けば、建設会社の下請けで造園業を行っている小さな会社がたくさんあります。

そのため都市部のビルの屋上の緑化やどうしても後世まで残したい樹木の治療などは、大手の造園会社が主に行っています。本来であれば建設会社や土木会社が行っていた造園の仕事や植木屋が行っていたせん定の仕事が、近年では二酸化炭素の減少を目的とした緑化運動の一環としてビルの屋上のガーデニングや、植木屋ができないような植生復元や枯れた樹木の治療などを造園会社が担っています。

造園会社へ転職をお考えの方は各都道府県の知事が認定した認定職業訓練で、造園業に必要な知識と技術を習得する必要があります。職業訓練では造園概論を学んだり整姿・剪定・移植など樹木の管理や、レンガ・飛石・竹垣などの施工技術を学びます。

さらにCADを使った造園の設計や製図のやり方などの造園施工から、除虫剤に関する知識や取り扱いや庭木の植栽や施肥など庭園の維持管理も学びます。これらは全国にある職業訓練校の造園料や、住友林業建築技術専門校のような住友林業が運営する自社の従業員の技術の習得や向上を目的としたところで学べます。

造園会社への転職ですが中小規模の造園会社の求人でしたらハローワークなどでもありますが、大手の造園会社の求人でしたら転職エージェントがお勧めです。求人数は多くはありませんが、希望するような仕事がきっと見つかると思います。


>> トップページで正社員の転職に強いエージェントランキングを見てみる! <<

TOP

各エージェントの概要

各エージェントの評判

業界別の求人情報

職種別の求人情報

希望条件別の求人情報

性別・年代別のポイント

年収にこだわる

このサイトについて


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2014 正社員転職サイト.com All Rights Reserved.