正社員転職サイト.com

ホテルへ転職をお考えの方

ホテル業界の動向ですが2010年度の、主要ホテル23社の売上は9,827億円でした。これは2006年の1兆1億円をピークに、ホテル業界の売上も年々減少傾向にあります。その背景には対外的には記録的な円高が続き、海外からの観光客が減ったことと原油価格の高騰などが挙げられます。

さらにギリシャなどヨーロッパを中心とした世界経済の失速なども、海外から日本へ来る多くの観光客の足を止めました。これは海外からの観光客だけでなく日本国内も同様で、長引く不景気の影響で国内旅行を控える人が増えホテル業界も利用者の数を大きく減らしました。

さらに家族旅行だけでなく商用での旅行も減少し、特に東日本大震災で被害を受けた東北地方のホテル業界の客足の落ち込みはひどく、廃業に追い込まれるところも出てきています。こうした中で台湾や中国などからの観光客で賑わっていた一部のホテル業界も、尖閣諸島問題などで客足が遠のきました。

最近の円高傾向で海外からの観光客が再び戻ってくることが期待されるホテル業界ですが、安部総理のTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)交渉への参加表明で、今後は外資系のホテルの新規参入が予想されます。これまでもフォーシーズンズホテルやグランハイアットホテルをはじめ多くの外資系ホテルが日本へ進出しており、日本の大手のホテルもリニューアルなどさまざまな対策が急がれます。

ホテルの仕事もお客さまの宿泊予約を受け付けを担当するフロントや、お客さまのお世話をする客室係だけではありません。ホテルの収益で大きなウェートを占めるのが、結婚式の披露宴や催事を行う宴会の仕事です。そしてホテルの稼働率を上げるために旅行代理店などに営業を行う営業マンや、インターネットなどで直接的に宿泊客を集客するマーケティングの仕事もあります。

もちろんホテルの仕事はこれだけではなくレストランや、会計部門や人事部門や総務部門など一般の会社や企業と変わりません。ホテルへ転職をお考えの方は、転職エージェントを利用されることをお勧めします。これは一流のホテルなどの求人はほとんど、普通の広告などには掲載されないからです。

これはホテルが体面を重んじるため転職エージェントなどの求人でも、ほとんどが非公開での求人案件になっています。さらに外資系のホテルの場合などは新規オープンに向けて、総支配人や副支配人などの管理職を募集している求人案件などもあります。


>> トップページで正社員の転職に強いエージェントランキングを見てみる! <<

TOP

各エージェントの概要

各エージェントの評判

業界別の求人情報

職種別の求人情報

希望条件別の求人情報

性別・年代別のポイント

年収にこだわる

このサイトについて


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2014 正社員転職サイト.com All Rights Reserved.