正社員転職サイト.com

貿易会社へ転職をお考えの方

貿易会社の仕事といえば当然、海外との輸出輸入業務になります。たとえば海外のお客様からある商品の注文があればそれを探して輸出し、あるいはその逆に日本の会社や企業からの依頼で外国にある商品を輸入したりします。貿易会社へ転職をする場合には仕事もさまざまですが、大きく商品を買い付けるバイヤーと輸出輸入の手続きをする貿易事務があります。

貿易会社で働くバイヤーはお客様から注文があれば、海外へ買い付けに行くことも当然あります。貿易会社で働くバイヤーには特別な資格は必要ありませんが、最低でも英語を使えることが必須になります。英語も日常会話でなく商品を買い付けるために、英語での交渉力やロットや関税などに関する英語の知識が要求されます。

よく貿易会社と商社の違いは何ですかと聞かれますが、貿易会社は日本と海外との取引です。一方の商社の場合は海外との取引だけでなく、日本国内のみで取引を行う商社もあります。たしかに戦後の日本の経済成長を支えてきたのは商社で特に石油などの原材料を海外から輸入して、自動車や家電製品などを世界中に輸出してきました。

もうひとつ貿易会社と商社の大きな違いは貿易会社がお客様からの依頼で業務を行うのに対して、商社の場合はその資金力に物を言わせ独自に輸出輸入を行ってきました。たとえば日本の自動車や家電製品がまだ世界で認められていない時代から、商社は世界中を駆け巡り日本の自動車や家電製品を売り込んでいました。

貿易会社へ転職する場合にバイヤーと、もうひとつの仕事に貿易事務があります。貿易事務の仕事の場合は主にお客様からの依頼で行う商品の輸出輸入に関する業務です。貿易事務の仕事には特別な資格など必要ありませんが、英文で書かれた貿易に関する書類を読み書きできる程度の語学力は要求されます。

さらに会社によっては海外の会社や企業からのお問合せや注文を受けるために、英語や場合によってはその他の言葉が必要な場合もあります。それと輸出輸入に関する書類を作成したりすることが多く、書類作成能力だけでなく書類に不備がないように正確さも求められます。

またシッピングや関税に関する知識も必要で、注文があった商品の船積期限や買取期限などもあるので覚えるまでは大変です。シッピングや関税なども国によって異なるので、多くの国との取引がある貿易会社ではなおさらです。そのため貿易会社の事務に転職するのであれば資格は特に必要ありませんが、貿易実務検定などの資格があれば有利かもしれません。


>> トップページで正社員の転職に強いエージェントランキングを見てみる! <<

TOP

各エージェントの概要

各エージェントの評判

業界別の求人情報

職種別の求人情報

希望条件別の求人情報

性別・年代別のポイント

年収にこだわる

このサイトについて


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2014 正社員転職サイト.com All Rights Reserved.