正社員転職サイト.com

英語を活かせる求人を探す

小学校の高学年から英語の授業が始まり、日本も英語を活かせる若い世代が今後どんどん増えてくると思われます。これまでも日本人は中学校から英語を学ぶ割に、英語を喋れないと言われていました。しかし近年ではアメリカやイギリスなどの英語圏の国へ語学留学したりする人も増え、以前と比べると英語が上手な人が多くなりました。

なかには親の仕事の関係で小さい頃から英語圏の国で育った、帰国子女などはネイティブ並みに英語を喋れます。それとパソコンとインターネットの普及も、英語の学習に飛躍的に貢献しています。これまでは海外へ留学するか高い授業料を払って英会話学校に通うしか、英語を学ぶ方法がありませんでした。

しかし今ではインターネット回線を使って、フィリピンにいる講師と英会話を格安で学ぶこともできます。せっかく習得した英語を活かせるような仕事に、転職したいと思っている方も少なくないと思います。そこで今回は英語を活かせる求人とはどんなところで、どんな仕事なのかをご紹介していきます。

まず英語の通訳や翻訳家の仕事ですが、商品のマニュアルやパンフレットなどビジネス関連がほとんどです。それと医薬品や工業製品など、その分野の専門用語などの英語の知識が要求されます。仕事としてみた場合には英語だけだけではなく、英語とフランス語とか英語とイタリア語とか最低でも二ヶ国語できないと厳しいものがあります。

次に商社や外資系の企業であれば転職の条件に、ビジネス英語を使えることが記載されています。ただ英語力だけでなく、仕事の面でも求められるものは多いはずです。たとえば海外出張や海外勤務が多い商社の場合は、英語での交渉力やコミュニケーション能力が要求されます。

外資系の企業の場合は日常的に上司などと英語で会話する機会が多いのですが、英語だけの問題ではなく考え方やビジネスの進め方など日本の企業とはまったく異なります。そのため英語でその違いを説明したり、粘り強く交渉を続ける必要があります。

ただホテルや旅行会社などであれば英語を使う機会は多くても、それほど難しい英語も必要ありません。もし英語を活かせる求人を探すのであれば、転職支援エージェントをお勧めします。転職支援エージェントにはビジネス英語を使えることが転職の条件の商社や外資系の企業だけでなく、英語を使う機会が多い仕事まで多数あるからです。

英語は日常から使わないと、どんどん錆びてしまいます。転職支援エージェントで、あなたの英語を活かしてみませんか?


>> トップページで正社員の転職に強いエージェントランキングを見てみる! <<

TOP

各エージェントの概要

各エージェントの評判

業界別の求人情報

職種別の求人情報

希望条件別の求人情報

性別・年代別のポイント

年収にこだわる

このサイトについて


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2014 正社員転職サイト.com All Rights Reserved.