正社員転職サイト.com

キャリアアップできる求人を探す

転職をする理由も人によっては給料が安いとか、上司との折り合いが悪いなどさまざまです。しかし転職をする理由を正直に書いたり話してしまうと、どこの会社でも書類選考で落とされたり面接で落とされます。そこで転職をする場合の志望動機や面接では、キャリアアップを転職の理由とするのが一番無難だとよく言われます。

ところでこのキャリアアップという言葉はよく耳にしますが、いったいどういう意味なのでしょうか?用語辞書でキャリアアップの意味を調べてみるとより高い資格や能力を、身につけたり経歴を高めることと書かれています。たとえばこれを、医療の世界で見てみましょう。

医師も看護師もどちらも国家資格ですが、資格を取っただけではまだ一人前の医師や看護師とは言えません。医師も2年間は初期研修医としてどこかの病院で研修して、それから自分が進みたい診療科を決めて後期研修医としてさらにキャリアアップを図ります。そして次の段階として、専門医としてのキャリアアップを目指します。

看護師も看護学校などを卒業して看護師の国家試験に合格したら、見習い看護師としてどこかの病院で働きます。そして2〜3年経つと今度は自分が、新人の看護師を指導する立場になります。さらにキャリアアップを図って、勤務する病院のリーダーになったりします。

医師や看護師の場合もさらなるキャリアアップのために、他の病院へ転職をしたりします。この場合のキャリアアップとは医師であれば自分のスキルや経験を積むために、より専門性が高い病院などで働くことです。看護師であれば認定看護師や、専門看護師を目指すために病院を変わったりします。

このようにキャリアアップができる職場や環境へ転職をすることが大事で、けっして転職をする理由としてキャリアアップを口にすべきではありません。しかしキャリアアップを目指すためには自分が何をしたいのか、どんなスキルや経験が不足しているかを把握する必要があります。

それがはっきりしていないとどんなキャリアアップを図ればいいのかや、どんな会社に転職をすればいいのかも分かりません。例えばあなたが営業職であれば今の会社にこのままいても、提案型の営業や企画営業などのキャリアアップを図れないとします。

そのために提案型の営業や企画営業などを学べる、別の会社に転職をするのであればキャリアアップのための転職といえます。もしキャリアアップのための求人を探すのであれば、転職支援エージェントを利用することをお勧めします。転職支援エージェントの担当者が、あなたのキャリアアップを助けてくれるでしょう。


>> トップページで正社員の転職に強いエージェントランキングを見てみる! <<

TOP

各エージェントの概要

各エージェントの評判

業界別の求人情報

職種別の求人情報

希望条件別の求人情報

性別・年代別のポイント

年収にこだわる

このサイトについて


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2014 正社員転職サイト.com All Rights Reserved.