正社員転職サイト.com

外資系企業の求人を探す

自分が得意な語学を活かせる仕事として、外資系企業に転職したいと考えている方も少なくないと思います。ただすべての外資系企業で、英語を日常的に使うとは限りません。外資系企業にも、ふたつのタイプがあります。ひとつは社長から上司が外国人の外資系企業の場合は、会議や指示なども英語で行われることが多いです。

しかし外資系企業でもなかには社員全員が、日本人という企業もあります。つまり外国の資本で作られた企業でも、採用されているのは日本人という場合です。そんな外資系企業でも、企業のマネジメントは日本の企業とは異なります。

外資系企業が日本の企業ともっとも異なる点は、欧米の外資系企業であれば能力主義である点です。今では年功序列や終身雇用などという言葉はすでに死語になりましたが、欧米の外資系企業であれば契約の概念がとても強いのです。

欧米でも結婚なども契約で行うものという考えがあり、離婚をした場合のさまざまな条件を契約書に交わすこともあります。特にアメリカは他民族の社会なので、考え方も習慣も違う人たちが住んでいます。そのため法律とは別に民事では、契約書に交わすことが多い契約社会です。

そのため日本の外資系企業でもその人の能力に応じて給料を払うわけですから、新人であろうと中途採用であろうと契約した仕事をするのは当然だという考えが根強いのです。そのかわり日本の企業のように経験のためとか、本来は自分の仕事でないことは一切することはありません。

いい意味でも悪い意味でも外資系企業は、それぞれの仕事の役割が明確になっています。また日本の企業のように別の社員が残業しているから、自分も残業するなどの考えもありません。極端に言えば業績や結果がすべてで営業職なども、会社で行われる会議以外は直行直帰するところも少なくありません。

会社でのミーティングも多いですが日本の企業のように、そのために全員を参加させることもほとんどありません。時間に対する考え方もはっきりしていて、無駄を嫌う傾向がとても強いのが外資系企業です。それは時間だけの問題ではありません。

新人であろうと中途採用であろうと、人を育てるという概念は外資系企業にはありません。そのため上司の指示を待っているのではなく、常に自分のほうから提案をする必要があります。日本の企業のように上司からの指示を待っていると、外資系企業では自分の居場所がなくなり自然淘汰されてしまいます。

外資系企業の求人を探す場合は、英字新聞などもありますが転職支援エージェントがお勧めです。転職支援エージェントの外資系企業の求人案件はその多くが非公開ですが、なかには思わぬ好条件の求人もあるからです。


>> トップページで正社員の転職に強いエージェントランキングを見てみる! <<

TOP

各エージェントの概要

各エージェントの評判

業界別の求人情報

職種別の求人情報

希望条件別の求人情報

性別・年代別のポイント

年収にこだわる

このサイトについて


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2014 正社員転職サイト.com All Rights Reserved.