正社員転職サイト.com

残業なしの求人を探す

「shusi」と「karosi」は今や、世界中どこでも通じます。「shusi」とはもちろん寿司のことで、「karosi」とは過労死のことです。実は過労死は日本特有の現象で、海外では死ぬまで過酷な労働を課す国など日本以外にはありません。

以前にトヨタ自動車の社員が過労死した時に、ネット上で月に何時間残業すると人は過労死するのかが議論されました。ちなみにこのトヨタ自動車の社員は月に106時間の残業をしていたことが分かり、過労死と認定されました。

また同じ年には大手居酒屋チェーンに入社した、24歳の男性が月に平均112時間の残業で過労死しました。この男性の場合は初任給の19万円のなかに、80時間分の残業代が含まれていました。労働基準監督署が過労死と認定し男性の両親がこの大手居酒屋チェーンと役員4人を訴え、裁判所は7860万円の支払いを命じました。

残業で過労死するだけではなく違う大手居酒屋チェーンで働いていた26歳の女性が、月に100時間を超える残業のために就職して2ヶ月目で自殺しました。これらの事例でも分かるように、月に100時間を超える残業は過労死や過労自殺を誘引します。

週に60時間以上の残業をしている人は過労死予備軍と呼ばれていますが、現在の日本の法律では時間外労働の時間の上限が決められていません。そのため日本全国で残業による過労死や過労自殺を防ぐための、過労死防止基本法の制定を求める運動が行われています。

もしあなたが月に100時間を超えるような残業をしているのであれば、転職支援エージェントで残業がない仕事に転職することを強くお勧めします。身体を壊したり過労死したり、過労自殺をしてまで残業を続ける意義はありません。

そしてもうひとつの問題が中小企業だけでなく大手企業でも、残業をしても残業代が支払われないサービス残業の実態があります。残業が慢性的に行われていると身体だけでなく、心も疲労して正常な状態ではなくなります。もし残業で心が疲れたと感じたら、迷わず転職支援エージェントで残業がない次の仕事を探しましょう。

転職支援エージェントには業界や職種に限らず、残業がない求人案件が多数あります。なかには残業がなくても、これまでと同じぐらいの給与やアップするような求人もあります。いずれにしてももし長時間の残業で悩んでいるのであれば、手遅れにならないうちに転職支援エージェントで早めの転職をお勧めします。


>> トップページで正社員の転職に強いエージェントランキングを見てみる! <<

TOP

各エージェントの概要

各エージェントの評判

業界別の求人情報

職種別の求人情報

希望条件別の求人情報

性別・年代別のポイント

年収にこだわる

このサイトについて


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2014 正社員転職サイト.com All Rights Reserved.