正社員転職サイト.com

転勤なしの求人を探す

会社員にとって転勤がある会社に、勤務している場合も少なくありません。ところが最近では転勤がある会社に入社した、新卒の社員が転勤を拒否するケースが増えています。大学を卒業した学生にすれば就職難ということもあり、とにかく内定が欲しい一心で「転勤があるけど大丈夫?」と聞かれ、「大丈夫です」と答えます。

しかしいざ転勤の辞令が出ると、転勤を拒否するのです。もちろん転勤を拒否すれば、会社によっては懲戒解雇もあり得ます。ところが最近の若者は懲戒解雇になる前に、自分から退職を申し出るケースが多いといいます。転勤を拒否する理由を尋ねると、「彼女がいます」とか「田舎には行きたくありません」とか会社を困らせる回答が戻ってきます。

会社の困惑も理解できますし、若者の言い分も分かります。しかし会社にしてみれば面接の時に、転勤があることは伝えてあるという思いが強いはずです。一方の若い社員にしてみればいざ実際に転勤の辞令が出ると、転勤で彼女と遠距離恋愛になったり地方都市に行くぐらいなら退職を選ぶのです。

これも若い社員だからできることで、30歳を過ぎるとなかなかそうはいきません。中高年になればなるほど、転職が難しくなるからです。また転勤がある会社に勤めていると、子供の中学校や高校の入学の問題が出てきます。子供の将来のことを考えると、転校させたくない場合もあります。

そうなると家族で話し合い奥さんと子供だけ残し、単身赴任するしかありません。単身赴任しているサラリーマンも多く、週末だけ自宅に帰るお父さんもいます。それでもまだ週末に自宅に帰れるだけ幸せで、なかにはカンタンに自宅に帰れない場合もあります。

海外への転勤などはまさにそうで中学生や高校生の子供がいれば、進学のことを考え単身赴任しているサラリーマンが世の中にはたくさんいます。何年も家族と離れひとりで生活していると、何のために働いているのか分からなくなります。また海外への転勤の場合はアルジェリアで起きた、日本人人質事件のように危険も伴います。

いずれにしてもさまざまな理由で転勤なしの求人を探すのであれば、ハローワークや求人誌で探すのは難しいでしょう。それは転勤先にいれば、収集できる転職情報が限られてくるからです。では転勤先にいながら転職情報を収集したり、転勤活動を行うにはどうすればいいのでしょうか。

その答えはズバリ、転職支援エージェントを利用することです。転職支援エージェントであれば転勤先にいながら、転職情報の収集や転勤活動ができるからです。


>> トップページで正社員の転職に強いエージェントランキングを見てみる! <<

TOP

各エージェントの概要

各エージェントの評判

業界別の求人情報

職種別の求人情報

希望条件別の求人情報

性別・年代別のポイント

年収にこだわる

このサイトについて


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2014 正社員転職サイト.com All Rights Reserved.