正社員転職サイト.com

同業他社の求人を探す

転職をする場合にもこれまで自分が働いていた業種とは違う会社へ転職をする場合と、同じ業種の別の会社へ転職をする場合とあります。別業種に転職する場合でも職種がこれまでと同じであれば、転職できる可能性は十分にあります。分かり易く説明するとこれまで損害保険会社の営業マンが、証券会社の営業マンに転職しようとすれば可能性は十分にあるということです。

しかし損害保険会社の営業マンが証券会社の事務職に応募しても、採用される可能性はほとんどありません。同業他社への転職とは損害保険会社の営業マンが、別の損害保険会社に転職する場合です。同業他社への転職でもこれまでとは違った職種に転職する場合は、転職もそうカンタンではありません。

つまり転職を試みた場合にもっとも転職しやすいのが、同業他社へこれまで自分が行ってきたのと同じ職種に転職する場合です。しかし同業他社の同じ職種に転職する場合には、いくつかの注意事項があります。例えば営業マンであれば同じ業種ですから、会社の顧客を転職した他社へ持っていかれる可能性があります。

営業職の人はたとえそれが会社の顧客であっても、自分が獲得した自分のお客さまという感覚を持っています。そのため同業他社へ転職すれば当然ながら、転職先もそのお客さまの存在を期待します。そして転職した本人も、その期待に応えようと頑張ります。

しかしその営業マンが頑張ばれば、頑張るほど困るのが前の会社です。前の会社にしてみれば営業マンの客ではなく、あくまで会社の顧客と思っているからです。この問題は営業職だけの問題ではありません。例えばエンジニアなどの技術職の場合なども、その会社の最先端の技術やノウハウを知っているからです。

一時期日本の家電メーカーの社員が会社が休みの週末まで飛行機で韓国に渡り、会社の最先端の技術やノウハウを韓国の家電メーカーの社員に教えていたことが社会問題になったことがあります。これは明らかに犯罪行為ですが、同業他社への転職の場合もいくつか注意すべき点があります。

それは前職の会社の就業規則や入社の時に誓約書に、同業他社への転職の場合の制約が書かれていないかどうかを確かめる必要があります。例えば何年間は同業他社への転職をしてはならないとか、転職先に自社の技術やノウハウを漏洩した場合の損害賠償金などが書かれていないかなどです。

もし同業他社へ転職する場合には、転職支援エージェントを利用することをお勧めします。なぜならば転職支援エージェントでは、さまざまなケースのトラブルの解決策を知っているからです。


>> トップページで正社員の転職に強いエージェントランキングを見てみる! <<

TOP

各エージェントの概要

各エージェントの評判

業界別の求人情報

職種別の求人情報

希望条件別の求人情報

性別・年代別のポイント

年収にこだわる

このサイトについて


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2014 正社員転職サイト.com All Rights Reserved.