正社員転職サイト.com

正社員秘書の求人探しなら

秘書について皆さんは、どんなイメージをお持ちでしょうか。会社の社長や役員クラスの重役のスケジュール管理や、身の回りのお世話する仕事ができるテキパキとした女性のイメージでしょうか。実際には秘書は会社の社長や役員だけでなく政治家や大病院の院長や、大学教授や弁護士などにも秘書を付けている人はたくさんいます。

また秘書の仕事もスケジュール管理や身の回りの世話だけでなく、重要な会合や席に同席することもあります。そのため秘書としての職務能力だけでなく、機密保持の義務もあります。秘書の仕事は一般の事務と同じように電話の応対や、書類のコピーなども行います。

ただ一般事務と大きく異なるのは一般事務が会社全体の職務であるのに対して、秘書の仕事はある特定の人に対しての職務になります。たとえば秘書の仕事は会社の社長の、その日のスケジュールを確認することから始まります。そして社長に送られてきたメールやFAXをチェックして、重要度の高いと思われるものから社長に伝えていきます。

そしてその日のスケジュールを元に先方へアポイントをいれたり、車の手配やレストランや料亭の予約を行ったりします。さらに出張の予定が入っていれば飛行機やホテルの予約をいれたり、来客があればスケジュールの調整や確認を行ったりします。

また講演会や会議などで使う資料や情報収集を行い、書類作成をしたり必要に応じて社内の各部署に資料や書類の作成を依頼します。さらに講演会や取材の日に着る、服装などのチェックなども秘書が行ったりします。来客がある場合も同席して話の内容を記録したり、必要に応じて社内の各部署に連絡を取ります。

また海外へ商談などで同行する場合もあり海外との取引がある会社や、外資系の企業などの秘書は語学に堪能な人材が採用されています。秘書になるためには特別な資格は必要ありませんが、秘書技能検定や国際秘書検定試験があるので取得すれば転職には有利です。国会議員の秘書の場合には、国会議員政策担当秘書試験というのがあります。

正社員として秘書の求人を探すのであれば新聞や求人誌の求人広告ではなく、転職支援サイトの非公開になっている求人案件で探すことをお勧めします。それは秘書の仕事は事務的な能力だけでなく、恥ずかしくない作法やビジネスマナーも求められる仕事だからです。さらに会社や企業の企業秘密にも触れるだけに機密保持の義務もあり、一般の求人広告には秘書の求人はほとんど出ないからです。


>> トップページで正社員の転職に強いエージェントランキングを見てみる! <<

TOP

各エージェントの概要

各エージェントの評判

業界別の求人情報

職種別の求人情報

希望条件別の求人情報

性別・年代別のポイント

年収にこだわる

このサイトについて


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2014 正社員転職サイト.com All Rights Reserved.